フィラリアに寄生されてないか注意!

ペットを飼育するうえで注意しなければならない病気の1つに、フィラリア症があげられます。
実際にフィラリア症について考えるうえでポイントとなるのが、どのような感染経路なのかという点です。
そもそもフィラリア症は寄生虫がペットの体内に入り込むことで感染するものです。
具体的にはフィラリアの幼虫を体内に持っている蚊に刺されることで、ペットの体に幼虫が寄生します。
寄生虫の幼虫がペットの体内に入りこんだら、成長し成虫になって病気が発動します。

蚊に刺されるのを注意するということも、感染経路を防ぐための選択肢の1つです。
ですが散歩などで外に出たら、感染経路となる蚊に刺されるのを防ぐのは難しくなります。
そこで病気を防ぐために、予防接種を受けることも欠かせません。
予防接種は動物病院に行く必要がありますが、ペットの命を守るために大切だということを忘れないようにしましょう。
また蚊が発生する時期に合わせて、フィラリア症の予防薬をペットに与えておくのも良いでしょう。
フィラリア症予防薬はイベルメクチンやパモ酸ピランテルといった、駆虫作用のある成分を含んでいます。
そのため、蚊を媒体にして寄生虫が入り込んだとしても幼虫のうちに駆除してくれてフィラリア症にも感染しません。
こういった予防薬は動物病院での処方を受けなくても、通販サイトで手軽に購入することができます。
大切なペットのためにも常備しておきたいという方は買っておくとよいかもしれません。

フィラリア症に感染した場合でも、治療法は存在しています。
実際の治療方法には、外科的なものと薬によるものなど複数の選択肢があげられます。
外科的な治療方法では、手術によって体内に入っている成虫を取り出します。
ただし外科的な処置の場合、麻酔のリスクや処置の難しさなどの問題点があげられます。

体内に入り込んだ成虫に対する対策として、薬による治療方法もあげられます。
ただし死滅した成虫が血管につまると、ペットの命に関わるリスクがあります。
実際にどのような治療方法が適しているかは、主治医と相談しながら考えていきましょう。
治療には時間やお金がかかるということも忘れてはいけません。

フィラリアの症状は、軽度の場合には大きな変化がみられることはありません。
時々軽い咳をすることがある程度なので、軽度のうちにフィラリア症への感染が発見できないというケースも見られます。
中程度の症状の場合には、咳に加えて栄養状態や毛のツヤが悪くなるなどの変化が出てきます。
重症の場合だと、腹水がたまって元気や食欲がなくなります。
ペットの体調に少しでも変化が出てきた場合には、早めに動物病院へ連れていくなどの対策が必要です。

ペットの体調の変化を見逃さないために大切なのは、普段から食欲や毛の状態などを観察することも欠かせません。
普段から状態をチェックしておくことで、小さな変化を見逃すリスクを減らせます。
体調管理を行うことは、フィラリア症以外の病気を早期発見するためにも役立てることが可能です。

■フィラリア症予防薬を買うなら
通販サイトでフィラリア症予防薬を購入するのが良いでしょう。